お知らせ・案内

   2019年度NPO法人認知症予防ネット
       
総 会 開 催
 
開催日 2019年5月18日(土曜日)
会 場 JR宇治駅前市民交流プラザ「ゆめりあうじ」

     〒611-0021 京都府宇治市宇治里尻5-9
 
   
                                (詳細ご案内は後日)

2017年度決算報告
平成29年度貸借対照表
平成30年3月31日
特定非営利活動法人 認知症予防ネット
科目 金額(単位:円)
Ⅰ 資産の部
    1 流動資産
        現金 0
        預金 2,387,979
        仮払金 0
        前払金 0
        商品 748,000
      流動資産合計 3,135,979
    2 固定資産
        什器備品 0
      固定資産合計 0
  資産合計 3,135,979
Ⅱ 負債の部
    1 流動負債
        預り金 0
        仮受金 0
        前受金 7,200
        未払金 275,720
      流動負債合計 282,920
  負債合計 282,920
Ⅲ 正味財産の部
   
      前期繰越正味財産 1,518,468
      当期正味財産増加額 1,334,591
      正味財産合計 2,853,059
      負債及び正味財産合計 3,135,979

平成29年度財産目録
平成30年3月31日
特定非営利活動法人 認知症予防ネット
科目 金額(単位:円)
Ⅰ 資産の部
    1 流動資産
        現金
        預金   京都銀行 大久保支店 712,490
              新田郵便局 通常貯金 1,582,936
              郵便振替口座 92,553
        仮払金 0
        前払金  0
        商品 748,000
      流動資産合計 3,135,979
    2 固定資産
        什器備品 0
      固定資産合計 0
  資産合計 3,135,979
Ⅱ 負債の部
    1 流動負債
        預り金  源泉所得税 0
        前受金 入会金及び会費 7,200
        未払金  給料 275,720
      流動負債合計 282,920
  負債合計 282,920
Ⅲ 正味財産の部
   
      前期繰越正味財産 1,518,468
      当期正味財産増加額 1,334,591
      正味財産合計 2,853,059
      負債及び正味財産合計 3,135,979




第6回NPO法人認知症予防ネット認定講師資格審査会
開催日 2019年5月19日(日曜日)
会 場 JR宇治駅前市民交流プラザ「ゆめりあうじ」

     〒611-0021 京都府宇治市宇治里尻5-9

                                                    (詳細ご案内は後日)

=========================

KBSカルチャー 特別講座 2019年3月講座
脳活性化「みんなの認知症予防ゲーム」ゲームリーダー養成講座
開講日 3月23日(土) 24日(日)
受講料 12,000円(税別)
教材費 1.500円(税別)
申込先 KBSカルチャー 電話075-441-4161
 2日間受講された方には修了証授与



=========================
      有意義に終了したプログラム


/画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、テキスト

佐藤修 株式会社コンセプトワークショップ代表 

2019/01/9 フェイスブック掲載

昨日、25日に衆議院議員会館で開催する「認知症予防ゲーム体験フォーラム」の実行委員会を開催しました。
みんなでつくる手づくりイベントですが、目標は
100人が輪になって認知症予防ゲームを体験するということです。
「予防」ですので、参加者は私のような認知症予防候補者です。あるいは認知症予防に関心のある人です。つまりすべての人です。


写真を撮るのを忘れてしまいましたが、
10人ほどが集まり、3時間も続きました。
いつも感ずるのは、女性の論の進め方と男性の論の進め方が大きく違うことです。そのため少数派の男性の私としては、いつもストレスフルなのですが、たぶんそれと同じくらい女性メンバーはストレスフルでしょう。 それがよくわかります。

実はここにこそ認知症問題を考える大きなヒントがある気がしています。
まあそれはともかく、25日に公開フォーラムはともかく100人以上の参加者を集めたいと思っています。
みなさんも参加されませんか。
たぶんこれまでとは違った楽しい体験ができると思います。
チラシを添付しますので、ぜひ参加をご検討ください
まわりにもどんどん広げてください。
できれば200人集めたい気分です。
それが実現できたら、次は東京ドームを目指したいですね。

前回、同じようなイベントを体験した時にもお話ししたのですが、国会議員にもぜひ参加してほしいです。
それもあって、議員会館で開催するのですが。
国会議員でも、まだ間に合う人はいるでしょうから。
ちなみに認知症状況になった人も、このゲームは効用がありますから、ぜひ重症の方も参加してほしいですが。

余計なことを書いたので、実行委員のみなさんから叱られそうですね。
困ったものです。

   =========================


第3回全国リーダー研修・交流会
2018年11月25日(日)於:西本願寺聞法(もんぽう)会館
 
                  

=========================
2017年12月8日第2回全国リーダー研修・交流大会   (於:平安神宮会館)      

       グループディスカッション                          実技研修

 2017年12月8日第2回全国リーダー研修・交流大会   於:平安神宮会館) 

 小雨の中、関東、中部、近畿、中国地方の各地から、ゲームを通じての社会貢献に活躍中のリーダーの

皆様が、ゲーム指導のレベルアップと活動を通じて出会う様々の問題とその対応、組織運営のノウハウなど

多岐に亘る意見交換をし、各々の将来像を確かなものにして、すでに日暮れてしまった中、ご到着の時よりも

活き活きと、明るい雰囲気に包まれて、それぞれの活躍の場に戻っていかれました。

              =========================
第5回NPO法人認知症予防ネット認定講師資格審査会
2018年11月25日(日)/26日(月) 
於:西本願寺 聞法(もんぽう)会館
        京都市下京区堀川通花屋町上る柿本町600-1 
     

=========================
 
                
          公認講師制度につい

認知症予防ネットは2016年より公認講師制度を発足させました                             

 当法人は.認知症発症前の段階における脳機能低下の自覚とその予防並びに発症しても悪化進行の予防法について、本人だけでなく周囲の家族の方も含め、正しい知識と、できる限り脳機能の低下を抑えるための「みんなの認知症予防ゲーム」を中心に認知症予防の普及活動を行ってきました。
 高齢化に伴い認知症有病者は増加します。厚生労働省は全国で認知症有病者数が2012年に462万人であったものが2025年には700万人を超えると推計値を発表しています。これは65歳以上の高齢者の5人に1人に増加するという計算です。国は新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)をその対策として策定しました。  

新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)の基本的考え方

「認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指す。」

 この認知症有病率の急激な増加対策に、これまで行ってきた「みんなの認知症予防ゲーム」は有効な貢献をしてきたと自負しています。しかしその中心を担うゲームリーダーの数と質の確保は常に大きな課題であり続けています。
 そこで当法人内部機構が新体制になることを機に、ゲームリーダー養成とその指導を体系的に行う「公認講師制度」を発足させることにいたしました。
NPO
法人の活動としては分不相応かもしれませんが、リーダー養成講座を修了した方の中から適任者を公認講師として認定し、認知症予防の普及・啓発活動を最前線を担うゲームリーダーを養成する講師を全国的に増やすことに依って、超高齢社会に対するNPO法人としてなし得る限りの力を尽くしたいと考えています。
 

     「NPO法人認知症予防ネット公認講師資格認定審査」        
ゲームリーダー養成講座開催資格審査を開催する目的

ゲームリーダーを養成する、という資格獲得を志す方に、講座開催に必須の指導法を身につけて頂くことが
目的です。そのための資格認定審査で、合格された方には、通し番号を付けた認定証を発行します。厳正な審査ですので、不合格になられても、再受験されることを強く期待します。

 NPO法人認知症予防ネットは認知症発症以前の段階に於いて、脳機能低下の変化を生活面から本人も家族もともに正しく認識し、できる限り脳機能の低下を抑え、発症しても悪化進行を予防し、葛藤のない生活を可能とする地域、換言すれば認知症の人と共に歩むことができる地域づくりを「みんなの認知症予防ゲーム」を通して目指します。そのため「みんなの認知症予防ゲーム」の認知症予防の有効性を理解し、ゲーム内容、伝達方法、各ゲームの意義についてよく理解し、高齢者と共に歩むことの出来るリーダー養成講師を育て厳正な審査にパス者を認定講師として世に送り出すことが目的です。


NPO法人認知症予防ネット認定講師資格認定試験の目的
 

1)「みんなの認知症予防ゲーム」の理論と実技と、リーダー養成の特殊かつ具体方法を熟知・体得した講師を輩出すること。  
2)それによりゲームリーダー養成講座をこれまで以上に広く全国各地で開催し、深化した「みんなの認知症予防ゲームの普及に努めること。    
3)綿密な配慮の篤いゲームの普及によって認知症の予防に資すること。 



                    公認講師資格認定審査受験条件
       資格審査を受ける条件はNPO法人認知症予防ネットの正会員(社員)であること。
       詳細はHPの「ご挨拶」に掲載の定款をご覧下さい。

                         

『認知症予防ネット認定講師心得』
    
 これまでに行った2回の、NPO法人認知症予防ネット認定講師資格試験での、講師受験事前研修を実施いたしましたが、日程の都合がつかない方もおられ不十分でした。                                      
 そこで、NPO法人認知症予防ネット認定講師を目指す方々のために『認知症予防ネット認定講師心得』を作成しました。この『NPO法人認知症予防ネット認定講師心得』を参考に、地域社会において「みんなの認知症予防ゲーム」のリーダーとして活躍してくださっている会員の皆様が発奮されて、より多くのNPO法人認知症予防ネット認定講師が誕生し、全国各地でゲームリーダーの養成講座を開催して下さることを切に願っています。                               

      

=========================